スルーラのよくある質問~飲み方、飲むタイミング、休止・解約方法などの疑問にお答えします~

スルーラの価格はいくらですか?

「善玉育菌サプリスルーラ」は、定価6,000円(税別/箱)で販売しております。
キャンペーン中は特別価格でご提供しておりますので、詳細は販売サイトをご覧ください。

1箱は何日分なのですか?

スルーラは1箱に30包(1包30g)入っております。
1日1包お飲みいただく場合は1か月分、2包ずつお飲みいただく場合は15日分となります。
定期コースでは【15日ごとのお届け】や【1か月2包ずつ】に変更も可能ですので、お気軽にお問合せください。

送料や手数料はいくらですか?

単品(定価6,000円)でご購入の場合、送料は全国一律350円(税別)です。
また、お支払手数料として代引手数料260円(税込)、後払い手数料97円(税込)が掛かります。ただし、定期コースをお申し込みの場合は全国一律送料無料、手数料無料となっております。

発送日の変更はできますか?

はい。発送予定日10日前まででしたら、発送日の変更や一時停止、サイクルの変更などが可能です。
定期コースは30日ごとにお届けしていますので、詳しい発送予定日をお知りになりたい場合はコールセンターまでお問い合わせください。

定期コースのサイクルは変えられますか?

はい。15日~90日までお客様のご都合に合わせて設定できます。
また、「毎月●日お届け」「1ヶ月休み」なども可能ですのでお気軽にご相談ください。

忙しくて受け取れないのですが、到着日の指定はできますか?

スルーラはポストに投函されるヤマト運輸の「ネコポス」便にてお送りしていますので、いつでもお受け取りいただけます。
(ポストの形状によって入らない場合は不在票が入ります)

いつ、どれくらい飲んだらいいですか?

1日1~2包が目安ですが、いつどれだけお飲みいただいてもOKです。
一般的な飲み物や食べ物と同じようにお考えください。
2包の場合は、朝と寝る前など分けててお飲みいただくとよりご実感いただけると思います。

長期間飲み続けても大丈夫ですか?

スルーラに配合されている『乳酸菌生産物質】は、もともと体内で作り出される成分ですから、安心してお召し上がりいただけます。その他の成分もカラダに安心なものを厳選して配合しておりますので、長くお飲みいただいても安心です。

スルーラはどんなふうに飲めばいいのですか?

粉末のまま直接口に入れてお水や白湯とともにお飲みいただけますが、味が強いと感じる方はヨーグルトに入れたり、炭酸や紅茶に溶かしても美味しく飲んでいただけます。
少し甘さを感じますが、スルーラには人工甘味料が入っていないので安心してお飲みください。

スルーラの美味しい飲み方・レシピはこちら

スルーラはヨーグルトや紅茶に入れると美味しい

どんなものに混ぜてもいいのですか?

乳酸菌生産物質ついては熱で弱まることはありませんから、熱いお飲み物などに混ぜてお召し上がりいただいても構いません。

飲み始めたら、おなかがゆるくなった気がするのですが?

腸内フローラを整えるために、『スルーラ』が働きかけを行なっているからこそ。
飲み続けていただくことで、理想的な環境へ整えてくれます。

生きている菌、死んでいる菌はどちらが有効なのですか?

たとえ生きて腸まで届いたとしても、実はそのほとんどが定着しないので腸内で増えることはありません。しかし、生きている菌も、死んでいる菌も腸内細菌のエサになるという点ではどちらも有効的です。
大切なのは生きているか死んでいるかではなく【自分の腸に合っている菌かどうか】です。腸で定着するのはもともと棲みついている【定着菌】だけなので【My善玉菌を育てて増やす】ことが大切なんです。

善玉菌は一度増えてしまえば大丈夫?

腸内には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類が存在し、これらの菌は毎日勢力争いを続けていて、ちょっとでも食生活や生活習慣が乱れたりすると、とたんに「悪玉菌」が悪さをし始めます。ちょっと食べ過ぎたときや野菜不足が続いたとき、睡眠不足だったりすると、お通じが出にくかったり、便のにおいが気になったりしませんか?
それは腸内に悪玉菌が増えてしまっているサインです。
それに加え、善玉菌は加齢とともに減少していきますので、常に菌を育てていく必要があるのです。

スルーラを飲んでから、オナラの回数が多くなってきた気がするのですが…

腸内の善玉菌による自然な発酵が活発になってきた兆候だと思われます。
お腹が張ったり、少し気になる場合は1日半分ずつ飲むなどしてスルーラをカラダに慣らしてください。

乳酸菌やビフィズス菌が配合されたサプリを飲んでいますが、飲むのをやめた方がいいですか?

飲み続けてもスルーラの効果に影響はありませんので、特にやめる必要はありません。